本日もご覧いただきありがとうございます。

薬膳料理・鍋の材料通販
漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜 店主の舩原です

あじさい


今年は例年よりも若干梅雨入りが早いようで、
神戸もまもなく梅雨入りかな・・といったところです。

梅雨の時期はジメジメして
気持ちもなんだか落ち込みがちですが、
日々進化する雨の日グッズや、
お家での楽しみ方を見つけて、この時期を楽しく過ごしましょう


まもなく「芒種」 本格的な梅雨入りです


さて、
暦の上ではまもなく『芒種(ぼうしゅ)』

「芒(のぎ)」という字は、米や稲などにある、
穂先のツンツンした細い針状の部分を指します

そして、「種」は種まきの種。

つまり、この芒種の時期は稲や麦などの種をまきましょうという頃です

といっても、この二十四節気は江戸時代まで使われていた
「太陽暦」に対応しているので、現代とは約1か月ほどずれがあり、
この時期には田植えが終わっているところがほとんどですね

しかし、「米」をつくる稲作は、日本人にとっては最も重要な農業

この種を蒔く頃を知らせる「芒種」は認知度は低いですが、
大切にしたい節気のひとつだと思います



この時期におすすめの薬膳


5月頃からスーパーなどでは青梅をはじめ、
梅酒づくりに必要な瓶・氷砂糖などが並び
梅酒・梅ジュースを作る本格的なシーズンがやってきました


この梅の時期には梅酒を作るというのが
毎年の定番となっている方もいらっしゃるかと思いますが、
お酒にはその食材が持つ薬効成分が溶け出しやすく
吸収しやすくなるという特徴があります。

ただ美味しいだけではないんですね!

そして、「梅」は、薬膳・漢方的には
胃腸の調子を整えて食欲増進・夏バテ・疲労回復などに効果的

梅酒にして毎日少量とることで血行をよくして身体をあたため
夏の冷えにも有効ですよ


また、お砂糖もすっきりとした氷砂糖と
コクのある黒糖では味わいだけでなく効能にも違いがあります。

氷砂糖は身体を冷やす「涼性」で、身体の熱を冷まし
肺の機能を高めて痰を出しやすくし、
咳を鎮めたり毒素を排出する効果が

そして黒砂糖は「温性」で、身体をあたためて
冷え、食欲不振、風邪の予防や冷えが原因の生理痛などにも



また、梅酒づくりには、定番のホワイトリカーもいいですが、
ウイスキーやブランデー、ウォッカ、日本酒、焼酎などを使って、
自分好みの梅酒づくりも

最近流行りの「ハイボール」。
今年は自家製ウイスキー梅酒を使って、「梅ハイボール」もいいですね


≪基本の作り方≫

 ・梅 1kg
 ・お好みの酒 1.8L
 ・砂糖(氷砂糖や黒砂糖がおすすめ) 0~800g


1)梅は一晩水に浸けてあく抜きをする。
  瓶は熱湯をかけて消毒をする。
2)梅をよく洗い、しっかりと水気を吹いた後、へたの部分はつま楊枝で取り除く
 (この時、傷のある梅や柔らかいくなっている梅、茶色の梅は取り除く)
3)瓶に、梅と砂糖を交互に入れ、一番上は砂糖になるようにして
  瓶のふたを閉じる
4)お砂糖が溶けるまで毎日優しく瓶を揺らし、冷暗所で保管。


※3か月くらいであっさりな梅酒に。半年程寝かせるとコクのある梅酒になってきます。

※3か月ほどたったら梅の実はすべて取り除いてください。(長くても1年以内)
 苦みなど、雑味が出てきます。

※同じ作り方で、お酒を入れずに作ると、梅ジュースの濃縮液が出来ます。
 水や炭酸水で割ったら、子供の夏バテ対策にも!



夏用に氷砂糖を使った梅酒、秋冬用に黒糖を使った梅酒…
と数種類作ってみてもいいかもしれません

面倒に感じる梅酒づくりも、やってみると意外と簡単

だんだんと砂糖が溶けていき、瓶の中の変化が変化していく様子は
愛着もわいてきっと楽しいはずです

そして、愛情たっぷりに作ったものは、
身体にも心にも優しく働いてくれます

今しか作れない旬の梅をつかって、
今年は自分だけの梅酒をつくってみませんか?   









お問い合わせはお気軽に♪

薬膳を通して

一人でも多くの方の元気をサポートが出来るよう心がけております。

些細なことでもかまいませんので

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね(^^)

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら↓
薬膳料理・鍋の材料通販【漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜(ティムマッマッ)】





お客様との心と心のつながりを大切に日々精進しております。

【漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜(ティムマッマッ)】をどうぞよろしくお願いいたします