本日もご覧いただきありがとうございます。

薬膳料理・鍋の材料通販
漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜 店主の舩原です。


fce9840f2a4e4676c18c6d0b95135222_s





気が付けばもう12月も
下旬に差し掛かりました。


街路樹の葉っぱもなくなり、
冬らしい街並みとなっていますね


まもなく今年も終わります


1年の締めくくりの時期ですね



12/22から「冬至」 ゆず湯とかぼちゃで温まりましょう




さて、
暦の上では12/22から『冬至』



「ゆず湯」や「かぼちゃ」を食べる日として
とてもポピュラーな暦で古くから親しまれていますね


「冬至」「湯治」をかけて
この日にゆず湯に入りましょうと
言われたという説もあります


また、
かぼちゃは「なんきん」とも呼ばれますが、
冬至の日に「ん」のつく食べ物を食べることで
運が呼び込めると言われ、
演技を担いでいるとも言われています


昔から伝わる伝統的な行事には
ユーモアのある言い伝えが多いですね


この時期におすすめ薬膳 


薬膳・漢方の世界では
この世に存在するものは
「陰・陽」の2つに分けられ、

そのふたつがお互いに
対立したり、助け合ったりしながら
バランスをとっていると考えられています


例えば、
太陽(陽)と月(陰)や
男(陽)と女(陰)、
昼(陽)と夜(陰)など・・。


イメージ的には、
夏の開放的なパワーは「陽」
冬の閉じこもりがちなパワーは「陰」
という感じです。


つまり、
冬の時期は「陰」のパワーが強く、
気持ちが内へ内へとむかっています。


そして
寒さも相まって
なんだかくよくよと考えすぎてしまう方も
多いかもしれませんね


また、
「冬至」は一年で一番
「陰」のパワーが強い日

最近やたら考え事をして
気持ちが落ち着かないという方は
そのようなことが影響しているのかもしれませんね


しかし、
冬至は「陰」から「陽」へ
切り替わっていくときでもあります


1年を振り返って反省もいいですが、
自分自身のいいところも
たくさんみつけて、
ふさぎ込みがちな気持ちを
切り替えるのもいい時期ですよ


命の源でもある食事を通して
心と身体のエネルギーを補っていきましょう


心と身体の働きを助ける
おすすめ食材をご紹介させていただきますね



消化吸収を担う「脾」の働きを助けるとともに、
心を落ち着かせてくれる食材。
栗のような食感・味わいで、
ごはんと一緒に炊いたり、スープなどに入れても。

hasunomi




身体に潤いを与え、
元気の素である「気」をしっかりと取り込みます
眠りのお悩みにもおすすめの食材。
スープに入れたり、カレーなどの具としても。
ほくほくした食感です。

yurine




◇押し麦
寒さに弱い「腎」の働きをたすけ
冬を元気に乗り切るのにおすすめ。
押し麦ごはんでとろろごはんの組み合わせは
相性抜群です。

※こちらは単品では販売していませんが、
 「薬膳ごはん 八穀美人」に使用しています。

hanaka_moji





揺らぎがちな心を落ち着けて、
いい新年を迎えられるように
少しずつ整えていきましょう
お問い合わせはお気軽に♪

薬膳を通して

一人でも多くの方の元気をサポートが出来るよう心がけております。

些細なことでもかまいませんので

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね(^^)

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら↓
薬膳料理・鍋の材料通販【漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜(ティムマッマッ)】





お客様との心と心のつながりを大切に日々精進しております。

【漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜(ティムマッマッ)】をどうぞよろしくお願いいたします