本日もご覧いただきありがとうございます。

薬膳料理・鍋の材料通販
漢方・薬膳食材の販売 甜蜜蜜 店主の舩原です


573341_s





毎日暑い日が続いていますね。


熱中症などにはかかっていないでしょうか?


外は熱いのに、熱中症対策で
寒いほどにエアコンが効いているところも多く、
温度差に身体が追い付かないと
感じる方もいらっしゃるかもしれませんね


遠出する機会は減っている方が多いと思いますが、
近場であっても水分を持ち歩いたり
帽子や日傘をさすなど、
意識して気を付けていきましょう。




8/7から「立秋」 真夏日が続きますが、「秋」の幕開けです


暦の上では8/7から「立秋(りっしゅう)」


今年は梅雨明けも遅かったので、
やっと夏!と思ったらもう「立秋」。


秋らしさなんて全く感じられませんが・・
暦の上では「秋」が始まります(^^)


「立秋」の風習としては、
この日を境に「暑中見舞い」が
「残暑見舞い」に変わると言われていますよ


立秋だからこれを食べましょう!
というものはあまり聞きませんが、
やはりこの時期の旬のものは味わいたいですね




季節のおすすめ養生



夏は汗で身体の中の水分がカラカラになりやすい時期。


そして強い紫外線も気になりますね・・


ということは、美容的にも注意が必要な時



しわやくすみ、乾燥などが
気になってからケアするよりも、
出来る前に意識するのがおすすめですよ


また、オトナ女子にもおきやすい、
顔だけやたらと火照るというお悩み。


これも身体の中の
水分量が年齢と共に減っているため
起きやすくなっています


美肌のためにも、
大人女子のお悩みのためにも、
この夏はしっかりと水分チャージをしましょう




ちなみに、この「水分」とは
身体の中を巡っている「気・血・水」の
「水」を指しています


ですから、ただ水をたくさん飲めばいい!
というわけではないんですね。


身体の中の「津液(体液)」
を補うよう意識するのがポイントです



身体の中の水分(津液)を増やすのにおすすめの食べ物は、
トマト・なす・きゅうりといった夏野菜や、
バナナ・マンゴー・キウイといったフルーツ、
豚肉や白木耳・・。

このあたりが特におすすめです


外にいる時間が長い日などは、
食べる冷房とも呼ばれる
夏野菜やフルーツを朝のうちに食べることで、
身体の砂漠化を防いでくれます


そして薬膳の考えでは
身体を冷やす生野菜は少なめに・・
とも言われていますが、
夏の時期は身体の声をきいて、
うまく取り入れていきましょう


ちなみに
桃やさくらんぼはフルーツでは珍しく
身体を温めてくれる性質があります


冷えが気になるけど、津液を補いたい!
という方はぜひこのような性質をもつ
食材を取り入れて下さいね


おすすめ商品

▽豚肉を使うことで更にうるおいアップ!
 


▽コラーゲンたっぷりの「阿膠」となつめを煮込んだ美味しいお茶うけ。
 




ご紹介した商品
▽養生スープキットMOISTURE
https://www.yakuzenshop.com/?mode=cate&cbid=2188331&csid=1


▽阿膠なつめ
https://www.yakuzenshop.com/?pid=104928224